前へ
次へ

水だしのコーヒー・紅茶ってどうやって煮だすの?

長期国債の金利、つまり年間の利息は、単に長期国債を所有している場合の益回りを表すという意味にとどまらません。例えば、不動産取得の場合の長期返済を行う場合の支払利息や、企業が都市銀行から融資を受ける際の、負債の利子の利回りという様に、金銭の貸与における一般の負債の利子価値の基準になることが一般に知られています。従って、金利が上昇してくると、融資や不動者取得といった経済活動全般が硬直化して国の経済が活発さを喪失することになります。以上が、一般論ですが、日本の現状の金融環境を見る場合、政府が発行した1000兆円にも上る国債の負担を、国民の預金を預かる市中銀行が、その処理のため、そのうちの多くを銀行内に保管せざるを得ない点が問題となります。これは金利が上昇し、債券価値が下落すると、上記の様に大量に保管された国債の資産価値が毀損し、市中銀行の貸借対照表を痛めるため、銀行側としては、破綻懸念先として管理していた企業の破綻処理を実行し、資金を吸い上げる必要性が生じることになります。この結果、多くの連鎖倒産を招き、国内の社会情勢に悪い影響を蓄積することとなります。

top用置換

top用置換2
Page Top